臨床を考える〜一番効果的な治療を提供できるように〜

治療家の臨床やお身体の不調を抱える方にとって有用な情報となれば幸いです。

椅子で行なう腰痛改善ストレッチ【腰痛専門 南林間駅 大和みらい整体院】

神奈川県大和市にあります「大和みらい整体院」の院長をしております廣田雄也と申します。これまで11年間急性期総合病院や回復期リハビリテーション病院を中心として腰痛患者様の治療を行なってきました。


このブログでは腰痛で苦しむあなたに向けて腰痛の原因や改善点に関してお伝えしていければと思います。お身体の悩みに苦しむあなたにとって有用な情報となれば幸いです。

椅子で行なう腰痛改善ストレッチ【腰痛専門 南林間駅 大和みらい整体院】

腰痛が辛くて仕事や家事に支障が出ている場合も少なくないと思います。


実際に私が以前勤務していた病院のスタッフですら医療的な知識があるにも関わらず腰痛持ちだという人は多かったです。


メディアなどでは一生に一度は必ず腰痛を皆んな経験することも言われており、生きていく中で大きな問題だと言えます。


皆さん自分の対処法を持っていると思います。ストレッチ・マッサージ・整体院通院など…。


でもなかなか仕事場や旅行先でどうしても腰が痛くなったときに対処できていますか?


一番痛くて困るのはそんな時の対処だと思います。


今回は椅子さえあれば簡単に行なえる腰痛に効果的なストレッチをお伝え致します。

腰痛に影響の大きい筋肉とは!?

腰痛ですので腰の筋肉と思われる方は多いと思います。


実際にもそうなんですが、それだけではなくて股関節周囲にある筋肉も非常に大きな影響を与えています。


それは大殿筋や大腿筋膜張筋という筋肉になります。


腰の筋肉とも関係性が非常に強いので、この筋肉が硬くなることで腰痛を引き起こしやすくなります。


当院に来院される方の8割はお尻の筋肉が腰痛に関係しています。


この筋肉をストレッチすることで即効性のある腰痛改善効果を感じることができます。

大殿筋と大腿筋膜張筋の簡単なストレッチ方法

椅子さえあればどこでも簡単に行えます!


ぜひ、仕事場や旅先などで腰痛が苦しくなった時に試して欲しいです。


具体的な方法は動画をご参照ください。



腰痛のストレッチ~椅子で行なう方法~


注意点としては、ストレッチ中に強い痛みは出さない・痺れが出た時点でやめる・脊椎疾患(頚椎症、ヘルニアなど)の方は行わないようにしてください。

追伸

みらい整体院には毎月多くの患者様が通院されております。


その一方で大和市ではまだまだ腰痛の患者様が多くいらっしゃり、必要のない手術をすすめられている、手術をしたが全く改善しない、デスクワークが出来ない、立ち仕事がつらい、朝起きるのが苦痛だといった症状で、整形外科や接骨院、整体に通っておられます。


それにも関わらず、ほとんど症状が改善していない患者様が多くいらっしゃるのも事実です。


「このままで良いわけがない」


もしも、あなたが


「この痛みをなんとかしたい。でも治らなかったらどうしよう…」


「このまま痛みや痺れでちゃんと歩けなかったらどうしよう…」

といった不安な気持ちを持っておられるのであれば…


そんな時こそ、みらい整体院にお越しください。


あなたが一歩踏み出した勇気、私が受け止めます。


私の技術はそんなあなたのためにあるのです。


みらい整体院で施術を受けてあなたも諦めていた変化を手に入れて下さい!

ご興味をお持ちの方はこちらをクリックするとホームページを見ることができます。
LINEの友達登録も下記から行えます。

麻痺の回復は生涯続きます!【脳梗塞リハビリ 南林間駅 大和 みらい整体院】

理学療法士として10年間リハビリテーション分野に関する臨床・研究を行なってきました廣田雄也です。
ブログにお越し頂きまして誠に有難う御座います。

麻痺の回復は生涯続きます!【脳梗塞リハビリ】

脳梗塞後遺症として麻痺を伴う場合があります。その際はリハビリテーション病院に入院して麻痺の回復を目指します。しかし、国で定められた入院期間である5〜6ヶ月を過ぎると回復が不十分であっても退院しなければいけません。それは一般的に「麻痺が回復するのは発症から3〜6ヶ月」と言われているからです。



しかし、私の11年間の臨床経験上では麻痺の回復に期限はないと感じています。6ヶ月過ぎても回復し続けた症例の経験を今回はお伝えしたいと思います。

急性期病院でリハビリを行なっていない

私は回復期リハビリテーション病院や老人保健施設での臨床経験上、急性期病院(最初に入院した総合病院)で寝たきりや積極的なリハビリができなかった方は6ヶ月を超えても回復が続きやすいですし、急に良くなるケースが多いです。

状態が安定しないことから急性期病院ではリハビリが行えない場合が多くあります。発症時期というよりもリハビリを開始する時期も回復には関係するように思っています。

ご本人のモチベーション

まず全てはこれにつきます!


治療家がどれだけ頑張ってもご本人様のやる気がなければ回復はしません!

気持ち(精神面)が動作能力に与える影響は計り知れないものがあります。
「そんなことかよ!もっと専門的なことが言われると思った!」というあなた!そう感じるのは仕方ないですがまさにこれなんです!
しかし、やる気になるには回復している手応えがないと長続きしません!
だから治療家がいるんです。
誰に治療を受けるか決断してください!
今リハビリを受けている治療家に対してこの感覚・感情はありますか?

  • 治療を受けると良くなる
  • 信頼できるし何でも相談できる
  • リハビリが楽しい

もしも上記の内容を感じないのであれば今すぐ違う治療家を探してください!


あなた自身で決断して回復の道を切り開いてください!


私はあなたが良い治療家と出会い自分の思い描く人生を送ることができることを心より願います。


当院は脳卒中治療に特化しています

回復期リハビリテーション病院をご退院された後にリハビリを継続するとなると以下が挙げられます。

  • デイケア
  • 訪問リハ
  • クリニック
  • 整体院

あなたはどこでリハビリを継続しようとしていますか?または継続していますか?


デイケアや訪問リハは保険診療にて行うことから介護度により回数制限があります。


病院にいた時のようにリハビリをガツガツやりたい!デイケアは「レクレーションがあるから嫌だ」「時間が来ないと家に帰れないのが辛い」という方はクリニックや整体院を選ばれる場合があります。


クリニックや整体院のリハビリで満足されていますか?

当院にたどり着いた理由とは?今までのリハビリで以下のような経験をされているからです。

  • マンツーマンで治療してくれなかった
  • リハビリの内容に満足できない
  • 効果を感じない
  • 回数や時間が少ない

当院にいらっしゃる方は効果的で充実感のあるマンツーマンでのリハビリを期待されています。そして、自費でもいいから回数や時間にとらわれたくない方が多いです。


当院は脳卒中リハビリを11年間行なってきた私の全てを出しきって治療を行わせていただきます!


今まで受けてきた脳卒中リハビリとは違う何かを感じて頂けると確信しております!


明るい「みらい」を一緒に目指しませんか?

当院に興味をお持ちの方はこちらをクリックするとホームページへ移動します。
ラインの友達登録でも情報を配信しています。



麻痺があっても疲れずに歩く方法【脳梗塞リハビリ 南林間駅 大和 みらい整体院】


理学療法士として10年間リハビリテーション分野に関する臨床・研究を行なってきました廣田雄也です。
ブログにお越し頂きまして誠に有難う御座います。

麻痺があっても疲れずに歩く方法【脳梗塞リハビリ】

脳梗塞後遺症として麻痺を伴う場合があります。また、足が動きにくいことから歩きが不安定になったり、早く歩けなくなるという状態が起きやすいです。


その際は疲れやすく長い距離を歩くことができなくなり、外出の機会を減らす要因にもなりかねません。


今回は麻痺がある中でも出来るだけ疲れずに歩けるポイントをお伝えします。

どのように疲れるのか?

疲れて歩けなくなる理由は様々だと思います。

  • 息が切れる
  • 全身がだるくなる
  • 足が前に出なくなる
  • 麻痺していない側が疲れる

などだと思います。


今回は息が切れる・全身がだるくなる方にスポットをあてたいと思います。

息が切れて全身がだるくなる原因

この原因は大半が肩周りの疲れが原因になります。


肩周りの筋肉は呼吸筋(呼吸するのに関与している)になります。


この筋肉が疲れることで呼吸自体も苦しく感じるようになったりします。そのため、肩が張ってくると息も切れやすくなってしまいます。

また、それにより酸素が全身に供給できなくなることで血中酸素濃度が低下して、全身のだるさにもつながり、長い距離は歩けなくなります。

肩の疲れを取るには?

麻痺していない半身の楽な使い方を覚えることが重要になります。


麻痺している手足をリハビリすることも大切ですが、意外と麻痺していない側の使い方を覚えることで麻痺している手足の動きが良くなる場合が多いです。


楽に動かすことができると認識できると、変な力が抜けて肩周りも張らなくなってきます。


そうすると長い距離が歩けるようになり生活の範囲は広がります。

当院は脳卒中治療に特化しています

回復期リハビリテーション病院をご退院された後にリハビリを継続するとなると以下が挙げられます。

  • デイケア
  • 訪問リハ
  • クリニック
  • 整体院

あなたはどこでリハビリを継続しようとしていますか?または継続していますか?


デイケアや訪問リハは保険診療にて行うことから介護度により回数制限があります。


病院にいた時のようにリハビリをガツガツやりたい!デイケアは「レクレーションがあるから嫌だ」「時間が来ないと家に帰れないのが辛い」という方はクリニックや整体院を選ばれる場合があります。


クリニックや整体院のリハビリで満足されていますか?

当院にたどり着いた理由とは?今までのリハビリで以下のような経験をされているからです。

  • マンツーマンで治療してくれなかった
  • リハビリの内容に満足できない
  • 効果を感じない
  • 回数や時間が少ない

当院にいらっしゃる方は効果的で充実感のあるマンツーマンでのリハビリを期待されています。そして、自費でもいいから回数や時間にとらわれたくない方が多いです。


当院は脳卒中リハビリを11年間行なってきた私の全てを出しきって治療を行わせていただきます!


今まで受けてきた脳卒中リハビリとは違う何かを感じて頂けると確信しております!


明るい「みらい」を一緒に目指しませんか?

当院に興味を持たれた方はこちらをクリックするとホームページへ移動します。

ラインの友達登録でも情報を配信しています。