臨床を考える〜一番効果的な治療を提供できるように〜

治療家の臨床やお身体の不調を抱える方にとって有用な情報となれば幸いです。

片麻痺の下肢装具って何を選ぶ

片麻痺の方の下肢装具検討


継手の選択って悩みませんか?

必要なのかいらないのか…

必要であればどんなものが良いか…




質問を受けることが非常に多いです!

話を聞いていると非常に簡単なことに目を向けていない

ケースがあります…



継手をつける理由は主に…

立脚中期〜後期にかけての足関節背屈を出すため

足関節を動かすことでの感覚入力、下腿三頭筋の筋緊張コントロール(この2点はcase-by-caseですが)

起立着座、しゃがみ込み、階段昇降、坂道歩行など

が挙げられると思います。



とにかく動作上で背屈を出したいってことです!出した方が良い動きが出ると教科書上で正常を勉強しているからです!



装具を装着した時点で無理やりあてはめることはやめたほうがいいです。


目の前の患者様…

背屈本当に出てますか?


歩幅が広く前型で歩いている、歩いたほうが正常に近いから…




何となくのイメージじゃないですか?


意外と継手が動いていないケースが多かったりします。また、動いてほしくない時に動いていたり



動いていないケース

立脚中期〜後期にかけて麻痺側に荷重が乗っていない

起立着座時に麻痺側への荷重が不十分

過度な股関節外旋、Toe outが強く出ている

反張膝や体幹屈曲が強い、股関節の伸展が出てない

そもそも揃え型で歩いている

など…


動いてほしくないケース

そもそも立脚相のコントロールが不十分(膝ガクガク)

過度な股関節外旋、Toe outで進行方向からかけ離れた方向への背屈

など…


装具を検討する上で上記の把握は絶対必要だと考えていますし、直線を歩く評価だけでなく方向転換や立ち座りなどの普段行なう頻度の高い動作ほど評価として大切だと思います。



継手の種類は…

足関節の背屈遊動・制限、底屈制動・制限が主かと思います。特に底屈制動か制限で悩む場合が多いかと。


装具学会等でも演題に上がりやすいですが〜

私は後方に支柱のある装具では何をしてもヒールロッカーは出ないと考えています!!


色んな方にたたかれそうですが…



それは歩行時の床反力って踵から立ち上がりますよね。

それが全てだと思います。

半端なく強い力がかからない限り底屈は出ません!

それか下腿三頭筋の筋力で撓ませるかです→これ最悪です

装具の底屈への可撓性の研究のほとんどはつま先から底屈への力を加えて測ってます…歩行時のシチュエーションじゃないです。


だからゲイトソリューションの選択が増えてます。他にもニューラビット、MR流体、ドリームブレースなどありますが。とにかく床反力より前に足関節の回転軸がある条件が必要です。

なので私は底屈への可撓性を求めてトリミングはしません!


しかし、機能の高い装具ほど壊れやすかったり、患者様も退院後の機能変化が大きく、作り変えが必要となるケースが多いのも事実として学会で報告されています。


なので…

ここまで言っときながら私はよっぽど機能の高い方以外は底屈制動継手の更生用装具は作製してませんタラー

それは退院後の装具のフォローアップが今のシステムでは十分にできないからです。

退院後を想定せず入院中の機能面だけを考えて作製するのは無責任すぎます。



私の考える継手の選択を記載させていただきました。今回の内容は賛否あると思いますが足関節を動かす動かさないは装具学会の偉い方々でも意見が割れているようなので私たちセラピストとしては目の前の患者様をしっかり評価して退院後も想定した上での装具を選択する事が最も大事だと考えております。


最後まで目を通して頂きまして誠にありがとうございます!

患者様にどんな声かけしてますか

都内のリハビリテーション病院で理学療法士として働いております廣田と申します。ブログを読んで頂きまして誠に有難う御座います!



患者様に対する声かけについて書かせて頂きます。

治療家としてどんなに優れた技術、凄い知識を持ち合わせていても声のかけ方次第で効果が倍増したり半減したりします。



声かけといっても色んな要素があると思います。



信頼関係の構築

モチベーションを高める

動作を引き出す

などがあると思います。



治療効果を高めるためには信頼して頂き楽しくやる気に満ち溢れた状態が大切です。


今回は3番目に書いた動作を引き出す声かけにスポットを当てます!


同じ声かけをしても反応は人それぞれです。

目的とする動作を引き出せていないのに同じ事言ってませんか?患者様はうんざりするか先生の言う事だからとどうにか言われた通りに動こうとします。




一つの例として…



踵からついてください



この言葉よくつかいませんか?歩行練習の時の流行語かっていうぐらい聞きませんか?笑


間違い無いのは凄く大事な事です!!

しかし、相手を間違えると大変なことになりますガーン

そもそもできない人に言ってることや出したく無い動きを出していることもあります。


背屈できないのに…

膝のびないのに…

患側の支持性ないのに…




上記の方に『踵からついてください』は良くない反応を出す事あります!!


逆の下肢の反応を見てください!!股関節が伸展せず膝が過度に屈曲している人いませんか?

予後は見えてきませんか?想像したくないですね…


患者さんは忠実に実行しようとしていただけます。

信頼している先生が言ってるんだから。


治療家は患者様を良くしたいと思って『踵からついてください』と声をかけます。

教科書、論文等で実証されているプラスな事だから。


お互い呪文のようになっていませんか?

常識を全員に当てはめると自分の一言で患者様を悪くしているかもしれませんよ。

良いと言われたことを患者様は退院後も実行されます。癖がつくとそれを崩すのには困難を要します



治療家先生方の言葉は治療技術です!!上がらない肩が上がるようになることも、出ない足が出るようになることも声かけ次第で変わることがあります。


言葉の力は凄いと思います



最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございます。

私自身、今後も患者様のために努力してまいります!!