大和みらい整体院 南林間駅から徒歩1分

お身体の不調を抱える方にとって有用な情報となれば幸いです。

膝を曲げた時に痛いあなたへ【膝痛専門 南林間 大和みらい整体院】

神奈川県大和市にあります「大和みらい整体院」の院長をしております廣田雄也と申します。これまで11年間急性期総合病院や回復期リハビリテーション病院を中心として膝痛患者様の治療を行なってきました。


このブログでは膝痛についての原因や改善点に関してお伝えしていければと思います。お身体の悩みに苦しむあなたにとって有用な情報となれば幸いです。


今回は膝を曲げると痛い原因に関してお伝えさせていただきます。

あなたは膝を曲げる時にどこがいたいですか?

・膝のお皿の下のほうが痛い
・太ももの前が痛い
・膝の裏が痛い

だいたいこの3つが多いかと思います。


この中で疑問に思うことがありませんか?


基本的に膝を曲げるときには膝を伸ばす筋肉が伸ばされるはずですよね?


膝の裏の筋肉は膝を曲げる筋肉です。


このブログでは膝を曲げる時に膝の裏が痛い原因をお伝えさせていただきます。

膝を曲げる筋肉

沢山の筋肉が膝を曲げる要素をもっています。


特に足の裏が空中に浮いている状況や地面に着いている状況でも働き方は変わってきます。


しかし、その中でも私の臨床経験上で最も膝を曲げる際に裏に痛みを出す原因となる確率の高い筋肉は膝窩筋です。


この筋肉が硬くなり、働きが鈍くなることによって膝の裏に痛みを出す場合は非常に多いです。


また、膝が真っ直ぐに伸びにくくなる原因にもなります。


非常に小さな筋肉ですが膝の動きに与える影響は大きいです。

膝窩筋の働きとは?

大きく分けて以下の2つになります。
・膝を曲げる
・膝の動作時の安定性を高める


特に今回の内容になる膝を曲げる作用としては膝窩筋が硬くなり機能しないことで関節の適合が上手くいかず深く曲がってきた際に詰まる動きが出ます。


通常、膝は曲がる際に大腿骨という大きな骨と脛骨というスネの骨が回りながら動きます。


その動きが出にくいことによって曲がる際に痛みが出ます。

まとめ

膝窩筋は小さな筋肉ですが膝に及ぼす影響は非常に大きいです。


そのため、この筋肉を柔らかく保ってしっかりと機能させることが重要になります。


次回は膝窩筋を柔らかくする方法をお伝えします。


今回の内容をわかりやすくYouTubeで配信していますので参考にしていただけると幸いです。
また、随時情報配信を行なっていますので是非チャンネル登録もお願いします!

膝を曲げると痛い原因

追伸

大和みらい整体院には膝痛を抱えた多くの方がご来院されます。


その方々の多くが以下のような悩みを抱えていらっしゃいます。

  • 注射を打っても効果が長続きしない
  • 筋トレをしても良くならない
  • 病院で手術を勧められたけどできればしたくない
  • 病院での治療はシップと電気治療だけで満足できない
  • 毎日の膝の痛みから解放されたい!

整形外科や整体院などに通って治療を行なっても「痛みが変わらない」「全く効果を感じない」ということが今の現状です。


その結果、「この膝の痛みと一生付き合っていくのか…」と諦めている方も多くいます。


このままでいいんですか?


私はこの現状をどうにかしたいと強く思い、様々な講習会に参加して知識・技術を磨いてきました。また、大学院で動作分析を学び、膝痛の起こり難い動きを追求しております。


【大和みらい整体院】に通われているクライアント様からは

  • 膝の曲げ伸ばしが痛みなく楽になりました
  • 歩くときに足が軽いです
  • 旅行に行けました
  • 痛みで憂鬱だった毎日から解放されました

などの嬉しい声をたくさんいただいております。


もし私の記事を見て、自分にも当てはまる!と思うような方がいらっしゃいましたら当院で膝の痛みからさようならしませんか?


もう無駄な時間とお金はつかわなくて大丈夫です!

ご興味をお持ちの方はこちらをクリックするとホームページを見ることができます。


ラインの友達登録でも情報を配信しています。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。